<お問い合わせはこちら>

btn_tel

0120-544-361

header-image
石川・金沢の出会い・婚活・結婚はココカラ。

結婚相談所|結婚したいと思わせる人の5つの共通点、思われない人の5つの共通点|ココカラ。縁結びの婚活ノウハウ

ココカラ。縁結びが「結婚相談所|結婚したいと思わせる人の5つの共通点、思われない人の5つの共通点」などの婚活ノウハウをご紹介します。ココカラ。縁結びでは、経験豊富な婚活アドバイザーが石川・福井・富山のお相手探しをサポート。「結婚相談所|結婚したいと思わせる人の5つの共通点、思われない人の5つの共通点」などの婚活ノウハウも多数ご紹介していきます。

結婚相談所|結婚したいと思わせる人の5つの共通点、思われない人の5つの共通点

結婚相談所|結婚したいと思わせる人の5つの共通点、思われない人の5つの共通点

「結婚したい」と思わせる人には、いくつかの共通点があります。
それらの共通点は、「言われてみたら、どれも当たり前のことでは」と思うことかもしれませんが、実際にそれを実践してしかも継続することは、意外と難しいものです。
そして、その当たり前のことをきちんと実践している人は、誰からも「いい人だな」「素敵だな」と思われ、結果的によい出会い、よいお相手を引き寄せます。

また、反対に「結婚したくない」と思わせる人にも共通点があり、ここでご紹介するなかに少しでも思い当たるならすぐに改めましょう。

ここでは、数多くの男女を成婚まで導いた豊富な経験がある「婚活アドバイザー」だからこそ分かる「結婚したいと思わせることができる人」「結婚したくないと思われてしまう人」をご紹介します。

結婚したいと思わせることができる人

結婚したいと思わせる人

「ココカラ。縁結び」の婚活アドバイザーは、これまで数多くの皆様のお相手探しをサポートしてきました。
婚活アドバイザーとは、婚活中の男女をサポートして成婚に導く、いわば婚活のプロフェッショナルです。
そして、そのなかで「結婚したいと思わせることができる人」「結婚したくないと思われてしまう人」には、いくつかの「共通点」があると分かりました。

1. 第一印象がよい

まずは、「第一印象がよい」こと。
婚活では「第一印象」をよくすることが、とても大切です。
ただしこの場合の「第一印象」は、「キレイ」とか「かっこいい」とか「スタイルがよい」などのいわゆる見た目のことではありません。
婚活で第一印象を良くするための最も大切なポイントは、明るい笑顔や清潔感のある服装、身だしなみ、そして、さりげない気遣いができることなどです。
女性は濃すぎるメイク、きつ過ぎる香水などは避けるようにしましょう。また、男性もぼさぼさの髪の毛や靴の汚れなどに十分注意しましょう。

「メラビアンの法則」によれば、人が受ける印象の割合は「見た目から受ける印象:55%」「声から受ける印象:38%」「話の内容からの受ける印象:7%」とのこと。

「メラビアンの法則」とは、アルバート・メラビアンというアメリカの心理学者が行った、好意・反感などの感情コミュニケーションについての実験結果から導き出された法則です。この法則によると、話の内容から受ける印象は、前述したとおりたったの7%。
会話の中身より、身だしなみや話し方に注意する方が、第一印象をアップさせることができるのです。

2. 笑顔で挨拶できる

笑顔で挨拶ができる人は会うだけで気持ちがよいですし、一緒にいると気持ちが和らぐもの。
半面、どんなに美人やイケメンでも、笑顔で挨拶できない人は、どこか冷たい印象を与えてしまいます。

「笑う門には福来る」という言葉がありますが、これは本当です。
笑顔がステキな人は他人に好印象を与えるだけでなく、そういう人のまわりには自然に人が集まります。
それくらい笑顔は、とても大切でかつ有効なアプローチ方法なのです。

男性にとっても女性にとっても、結婚は生活の場であり、安らぎたいと思う場所のはずです。笑顔で挨拶ができる人は、相手に「この人となら、きっと明るく安らげる家庭をつくることができるだろう」と思わせることができます。

「緊張していると、どうしても笑えない」「笑顔を作るのは苦手で」という人は、鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。
この時大口を開けて笑うのではなく、口角を上げることを意識して、上の歯だけを見せて笑うようにすると、さらにキレイに見えます。「口角の上げ方が分からない……」という人は、「ウィー」と声を出して練習するのがおすすめです。
最初はぎこちなく見えても、だんだん自然ですてきな笑顔が作れるようになりますよ!

3. 謙虚である

「実るほど頭が下がる稲穂かな」ということわざがありますが、成功している人ほど謙虚な姿勢を忘れないもの。
そしてこの謙虚さは、成功者だけでなく「結婚したいと思わせる人」にも見られる共通点です。

結婚は、それまで育ってきた環境が全く違う他人同士が始める共同作業。
自分の思いや考えを押し付けるばかりでは、共同作業は成り立ちません。互いに協力し、相手を思いやることも必要です。
もちろん、自分は一切我慢して相手に合わせるべきと言っているわけではありません。
しかし、相手を常に思いやるという姿勢は、結婚生活を長続きさせるためにも大変重要な要素であり「結婚したい」と思わせるための要素でもあるのです。

4. 感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを素直に伝えることも、大切なポイント。
親からのサポート、友達からのアドバイスを当たり前だと決めつけて、日頃きちんと感謝の言葉を伝えてないという人は、これから意識して感謝の気持ちを口に出すようにしましょう。
まわりの人に感謝の気持ちを忘れず、そしてその感謝の気持ちをきちんと相手に伝えられる人は、まわりの人からも感謝され大切にされます。
そして、交際相手に「この人をずっと大切にしたい」と思われることこそが、結婚への近道なのです。

 

5. 人助けをする

普段から率先して人助けをしている人は、ふるまいや言葉にもあらわれます。
そういう人は、例えば道で困っている人がいれば、自然に手を差し伸べることができますし、「何かお手伝いできることはありますか」といった言葉をかけることができるのです。家庭は、妻と夫が支え合って成り立つものですから、自然に人助けができるような人は、「この人と結婚したい」と思わせることができるでしょう。

これから、どんなに小さなことでもいいので少しずつ人助けをしてみてください。
何も、ボランティア活動を行うべきと言っているわけではありません。
母親が忙しそうにしていたら、「手伝おうか」と声を掛けたり、職場で困っている同僚がいたら「私にできることはある?」と聞いてみたりするなど、まずは自分のすぐ近くにいる人を助けることを意識するだけで、ずいぶんと人の雰囲気は変わるものです。

結婚したくないと思われてしまう人

結婚したくないと思われてしまう人

結婚したいと思わせる人に共通点があるのと同じように、「結婚したくないと思われてしまう人」にも共通点があります。

1. 不平不満を言う

いつも不平や不満ばかりを言う人がいます。
こういう人は、婚活中だけでなく敬遠されがちですが、婚活では特に「この人は、結婚しても文句ばかり言いそうだな」と思われてしまいます。

不満に思う気持ちや妬みの気持ちが言葉にあらわれると、人に不快感を与えるだけでなく、自分自身の心の安定を崩すことになってしまいます。
さらに厄介なことに、不平不満を言う人の周りには、やはり不平不満を言うのが好きな人が集まってくるもの。
そして、互いに他人の不平不満を愚痴ることで、ますます雰囲気は悪くなっていきます。これでは幸せな結婚をするどころか、不幸になるばかりです。

物事は、考え方ひとつで見え方が異なります。
「口うるさい上司から小言を言われた」としても、「世話焼きな上司が自分のためを思って助言してくれた」とポジティブに捉えるようにすれば、自分自身の気持ちが明るくなるだけでなく、周りに与える印象も変わり、寄ってくる人も変わるでしょう。「こんな前向きな考え方をできる人と、人生を共にしたい」と思わせることができるのです。

2. 人の悪口を言う

不平不満を言うのと同様に、人の悪口を言う人も婚活の場ではNGです。
「この人は、きっと他の人に自分の悪口を言っているに違いない」と思われ、信用されなくなります。
交際中の人に気を許して悪口を言ったばかりに、相手に幻滅されてしまったなんていうことも。
どんなに気を許した相手でも、悪口を言うのは避けるようにしましょう。

3. ネガティブ発言をする

「どうせ私なんて無理」「それ、絶対できないよ」など、ネガティブな言葉を使うのが癖な人がいます。
自分に自信を持てない人ほど、「ダメ」「できない」「きっと無理」などのネガティブ発言をしてしまうものです。
しかし、そのような言葉ばかりを使っていると負のエネルギーしか集まってきません。これは、いわゆる言霊(ことだま)というもので、ネガティブな言葉ばかりを口にしていると、その言葉どおりになってしまいます。
逆に「嬉しい」「楽しい」「ついてる」「ありがとう」「感謝しています」など、ポジティブな言葉を意識して使うようにすると、前向きな気持ちになれるだけでなく、プラスのエネルギーが寄ってきて、それが現実になっていくのです。

ネガティブな発言が癖な人は、これからは「面倒だ」という言葉を「やりがいがある」と言う言葉に置き換えるなど、意識してポジティブな言葉を使うようにしましょう。

4. 価値観にとらわれる

人間は、ある年齢になれば誰でも自分なりの価値観を持っているもの。
「○○の映画が好き」「音楽のジャンルは○○が好み」といった趣味レベルのことでも、自分の価値観があります。
この価値観は、これまで育った環境などから影響を受けて形成されますが、その価値観にとらわれ過ぎると、自分の世界が狭くなってしまうことも。

特に婚活では、相手の価値観を尊重しなければならない場面がたくさんあります。
価値観を急に変えることは難しいですが、まずは自分の感じ方や受け止め方を変えること、そして少なくとも、相手の価値観もきちんと尊重するという姿勢を意識することは、とても大切です。

5. 相手のペースを考えない

相手のペースを考えない人も、婚活では敬遠されがちです。
歩くペース・食事のペースなど、すべてを自分のペースで推し進めようとする人は、一緒にいるだけで疲れてしまいます。
男性は、女性がヒールの時はいつもよりゆっくり歩くことを心掛けましょう。
女性は、食事中に話に夢中になり過ぎていつまでも食べ終わらない……といったことがないよう、気をつけてください。

まとめ

以上、「結婚したいと思わせる人」「結婚したくないと思われてしまう人」についてご紹介しました。
欠点のない人間などいませんが、その欠点が婚活の障害になるのであれば、ちょっと意識をすることで欠点を美点にすることができます。

「ココカラ。縁結び」では、専任の婚活アドバイザーが、婚活中の皆様の気持ちに寄り添い、婚活中のさまざまなお悩みや不安をサポートいたします。
「自分では気づかなかった癖についてアドバイスをもらえたことで、自分の欠点が分かり、婚活を成功させることができた」という言葉も多数いただいております。

「ココカラ。縁結び」は、日本最大級の結婚相談所ネットワーク・日本結婚相談所連盟IBJ登録会員で、地元会員様に加えて、会員数は全国約60,000名(2018年9月時点)。
このなかから、あなたが「この人を大切にしたい、幸せにしたい。」と思える、たった一人のお相手探しを親身になってサポートいたします。
自分に合った相手は、世界のどこかに必ずいます。
でも、じっと待っているだけではその相手と巡り合うことはできません。
まずは、ぜひ「ココカラ。縁結び」にお問合せください。