<お問い合わせはこちら>

btn_tel

0120-544-361

header-image
石川・金沢の出会い・婚活・結婚はココカラ。

第一印象を良くする3つの方法と会話が弾む5つの方法~石川県の婚活|ココカラ。縁結びの婚活ノウハウ

ココカラ。縁結びが「第一印象を良くする3つの方法と会話が弾む5つの方法~石川県の婚活」などの婚活ノウハウをご紹介します。ココカラ。縁結びでは、経験豊富な婚活アドバイザーが石川・福井・富山のお相手探しをサポート。「第一印象を良くする3つの方法と会話が弾む5つの方法~石川県の婚活」などの婚活ノウハウも多数ご紹介していきます。

第一印象を良くする3つの方法と会話が弾む5つの方法~石川県の婚活

第一印象を良くする3つの方法と会話が弾む5つの方法~石川県の婚活

婚活を成功に導くための第一歩が初デート。
結婚相談所で成婚したカップルの半数以上が、「初デートで受けた印象が決め手となった」と答えています。

第一印象でよい印象を与え、初デートで会話が弾めば、一気に結婚への道のりは近くなるといっても過言ではありません!

初デートでは、まず会話を通じて自分に興味を持ってもらうこと、つまり「もっとこの人のことを知りたい」「もっと自分を知ってほしい」と思ってもらうことが大切です。
では相手に興味を持ってもらい、初デートを成功させるためには、どのようにすればよいのでしょうか。

ここでは第一印象を良くする「3つの方法」と、緊張しがちな初デートを成功させる「5つの方法」をご紹介します。

第一印象を良くする「3つの方法」

デートやお見合いに限りませんが、人は最初に出会った時の第一印象が大変重要です。

人は相手がどのような人物なのかを判断するのに、見た目や表情、動作など「見える情報」が非常に大きなウエイトを占めると言われています。
そして、この第一印象を覆すためには、かなりの時間がかかると言われています。

つまり、自分自身にどれだけ自信があっても、最初に好感を持たれなければ、せっかくの出会いがその後発展する確率は低くなってしまうのです。

婚活中のデートでは、相手は「この人は結婚相手として理想的か」「この人と結婚したら、どんな結婚生活が待っているか」などを見極めようとしています。

ですから、婚活デートでは「結婚相手としてふさわしい人柄」=「真面目で誠実な印象」を与えるように努力しましょう。

ヘアスタイルや爪はもちろん、靴や服装の清潔感にも気を配ることを忘れないようにしましょう。

相手の目を見る

婚活デートで緊張してしまうのは、当たり前のこと。
でも相手の目を見ないで話したり、緊張して瞬きが多くなってしまうと、相手に良い印象を与えることはできません。


ある程度緊張してしまうのは仕方ありませんが、できるだけしっかりと相手の目を見て話すようにしましょう。
相手の目を見て話すことで、相手は自分に関心を持ってくれていると感じますし、誠意のある相手だと感じてくれます。
ただし、必要以上に凝視するのは、攻撃的な印象を与えることもあるので、注意しましょう。

相手が話している時の要所要所で視線を向けることで、相手にほどよく良い印象を与えることができます。

口角を上げる

婚活では顔の可愛さやカッコよさはさほど重要ではなく、「穏やかな人柄かどうか」という点が重視されるケースも多いもの。

口角が上がっている人は、相手に「穏やかな人柄」という印象を与えることができます。
逆に口をぎゅっと閉じている人は、警戒心が強いという印象を与えてしまいます。
気を抜くと堅い表情になってしまうこともありますが、相手の話を聞いている時でも自分の話をしている時でも、常に口角を上げるように意識しましょう。

あまり自信がない人は、普段から口角を上げることを意識し、鏡を見て研究するのがおすすめ。普段から意識することで、自然と感情が表情に出やすくなります。
表情が豊かな人は「裏表のない人」という印象を与えることができます。

笑顔でいる

婚活デートでは、できるだけ笑顔で過ごすことが大切です。最初は緊張して笑顔を作るのが難しい、ということもあると思いますが、苦手と決めつけず、笑顔を作る練習をしましょう。
作り笑顔になっていないか、無意識に眉間にしわをつくっていないか、普段から鏡を見て研究するのも良いでしょう。

初デートで良い印象を与えることができないと、その後もネガティブな印象を持たれてしまうことも。逆に、第一印象で良い印象を与えることができれば、その後も相手にポジティブに判断されることが多くなります。

婚活デートでは、「相手の目を見て話す」「口角を上げる」「笑顔でいる」の3つを心掛けるようにしましょう。

会話が弾む「5つの方法」

結婚相談所で婚活を始めた場合でも、「デートで親密になる」というプロセスは避けては通れません。
とくに初デートでは、そのお相手に「もっとこの人と会ってみたい」と思ってもらい、次回のデートにつながるように努力する必要があります。

もちろん相手が聞き取りやすい声のトーンを意識することも大切ですが、相手に良い印象を与えるためには、それだけではなく「この人とは会話が弾んだ」「この人とは相性が良さそうだ」と思ってもらうことが大切。

ここでは、どんなに緊張していても会話を弾ませることができる、5つの方法をご紹介します。

聞き上手になる

相手に結婚を意識させるためには「この人と結婚したら、穏やかで楽しい日々が待っていそうだ」と思ってもらうことがポイント。
つまり「長い結婚生活を一緒に過ごせそうな、居心地がよい人だ」と感じてもらうことが大切です。
婚活では、美人かイケメンかということよりも、相手に「居心地がよい」と思わせる能力が高い人の方が、成功しやすいと言えます。

そのためにはまず、相手の話を聞くことに集中してみましょう。
「それで?」「なるほど!」など興味を持って聞く態度を示せば、ほとんどの人は強い好感を持つものです。そして自分が話したいことを話していると、人は「会話が弾んでいる」と思い込むものなのです。

「相手の話を黙って聞く」ことができると、「この人と話すと会話が弾む」「居心地がいい」と思ってもらえることができ、相手が次もまたあなたに会いたいと思う確率が高くなります。

相手を否定しない

自分の事を否定されたり劣等感に触れられると、人はとても傷つきます。

怖いのは、自分でも気付かないうちに相手の劣等感を刺激してしまうこと。

たとえば「年収400万で生活が苦しくて」などの不用意な発言をしたとします。
もし相手の年収が400万程度であれば、その瞬間相手はもう二度と会いたくないと思ってしまうかもしれません。

また「○○というメーカーに勤めているの?すごいわね、一流ね」と褒めたとしても、もし相手が転職を考えている場合には、「この人は一流会社勤務の人が好きなんだ。中小企業に転職したら自分に興味がなくなるのではないか」と思い、結婚をためらってしまうかもしれません。

相手の職業や収入は、結婚するうえでは大変重要なポイントではあるものの、初デートでは不用意な発言で相手の劣等感を刺激しないよう、十分な配慮が必要です。

見た目や学歴など、その人が気にしていそうなポイントは、触れないようにしましょう。
もし相手がその劣等感を自虐的に語り始めても「私はそういうの、全然気にしない」と劣等感を和らげる発言をするようにしましょう。

「面白いね」「すごいね」と褒める

人から褒められて喜ばない人は、あまりいないでしょう。

もちろん、わざとらしい賛美は逆効果ですが、趣味の話や仕事の成果について、「すごい」「面白い」と褒めてくれて、手料理を「美味しい」と喜んでくれる人には、たいていの人が好感を持ちます。

逆に、相手からダメ出しをされたり、退屈そうな顔をされたら、その相手に好意を持つことは少ないでしょう。
ある人は仕事ができることを褒められたいかもしれませんし、ある人は服のセンスを褒められたいかもしれません。また、ある人は笑いのセンスを褒められたいと思っているかもしれません。

大切なのは、「どんなことで褒められたいのか」を見極め、「面白いね」「すごいね」と、素直に相手を褒めること。

相手の話に「すごいね」と感動したり、さりげなく褒めることができることは、相手に「結婚」を意識させる大きなポイントになるのです。

相手の話に「興味」を示す

「○○が好きなのね。それはどうして興味を持ったの?」「○○に住んでいるんだ。近くにおすすめの場所はある?」「旅行が好きなんだ。最近はどこに行きました?」など、相手の話に興味を示してさらに質問をすると、相手は嬉しくなるものです。
つまり「私はあなたの話に興味があります。だからいくらでもその話題について話して下さい」というメッセージを送るのです。

最初は緊張して「○○に行きました」だけで会話が終わってしまうかもしれませんが、いくつかの話題で質問を投げかけていると、相手のツボに入ることがあります。そして今までとは明らかに熱の入り方が変わり、生き生きと話し始めることも。その時がきたらチャンスです。「どうしてそんな風に思ったの?」「具体的にはどんなこと?」「何が楽しかった?」「すごいですね」「なるほど」などの言葉を適当に織り交ぜながら、とことん話を聞くようにしましょう。

相手の「ニーズ」を見極める

婚活デートでは、相手が結婚相手に求めるニーズをなるべく早く見極めることが大切です。
たとえば安定した結婚生活を求めている人であれば、経済観念のある人を求めるので、派手で贅沢な格好の相手には不安を覚えるかもしれません。
また、同じ男性でも、専業主婦を希望するなら「家事が上手かどうか」、共働きを望むなら「仕事を頑張っているかどうか」など、求める条件によって重要なポイントは異なるのです。

さらに、「結婚しても自分の趣味などは邪魔せず、ともに旅行を楽しみたい」という願望を抱いている相手であれば、その価値観を理解してあげることが大切になります。

また、オーバーな例ですが、相手がお金持ちな場合「稼いでいるんだから、仕事が忙しいのは当たり前。家庭を守るのは女性の役目。浮気は男の甲斐性だし、金持ちと結婚できるんだから我慢しろ」と本気で思っている男性もいます。これに対して「おっしゃるとおりです」と従順になれる女性であれば、そのような男性のニーズに合致しているということになるのです。

もちろん、このような極端な例はあまりありませんが、婚活デートでは相手のニーズを見極めて、そのニーズにマッチングした魅力をアピールすることがとても重要なのです。

それに「この人のニーズと自分のニーズは合致しない」と思えば、早めに次の相手を見つけましょう。

自分の理想的な結婚への条件を決めて相手のニーズを早めに見極め、「違う」と思ったら諦めて次に行くこと。
これも婚活デートでは大切な決断なのです。

婚活アドバイザーは心強い味方

「ココカラ。縁結び」は、石川県での婚活をサポートする、石川県金沢市の結婚相談所です。
「ココカラ。縁結び」では、婚活アドバイザーが初デートの前にさまざまなアドバイスをさせていただきます。
初デートで感じた第一印象を完全に覆すには、その何十倍も時間がかかるもの。
マイナスの印象よりプラスの印象を与えるためには、どんなことが大切かなど、親身になってお伝えします。

石川(金沢)の婚活は「ココカラ。縁結び」からスタート

当たり前のことですが、「出会い」がなければ、結婚話は進みません。
いくら「理想的な結婚相手」のイメージを持っていたり、自分に自信があっても、誰とも知り合うことができなければ、そもそも結婚することは難しいのです。

合コンに積極的に参加したり、職場でお相手を探すなど、「出会うチャンスを増やす」ということも大切ですが、結婚は「下手な鉄砲も数打てば当たる」という単純な話ではありません。

石川県の結婚相談所「ココカラ。縁結び」のデータベースに登録されている会員は、地元金沢をはじめ、男女合わせて全国約60,000名。この豊富なデータベースから、あなただけの「理想の相手」をご紹介させていただきます。
お客様のご希望をていねいに伺い「どんな相手を望んでいるか」を把握し、どのようにアプローチするべきかアドバイス。出会いの機会を最大限生かすお手伝いをさせていただきます。

お気軽に、「ココカラ。縁結び」へご相談ください。お問合せをお待ちしています。