<お問い合わせはこちら>

btn_tel

0120-544-361

header-image
石川・金沢の出会い・婚活・結婚はココカラ。

石川県の婚活で必要な「自己分析」|ココカラ。縁結びの婚活ノウハウ

ココカラ。縁結びが「石川県の婚活で必要な「自己分析」」などの婚活ノウハウをご紹介します。ココカラ。縁結びでは、経験豊富な婚活アドバイザーが石川・福井・富山のお相手探しをサポート。「石川県の婚活で必要な「自己分析」」などの婚活ノウハウも多数ご紹介していきます。

石川県の婚活で必要な「自己分析」

石川県の婚活で必要な「自己分析」

就活では、十分な自己分析を行うことが重要だとよく言われますが、婚活でも、自分の特性や状況をしっかり把握し、分析することはとても重要です。
価値観や趣味、嗜好などはもちろん、結婚後の家族構成まで、自分の結婚生活に具体的なイメージを持つことは、婚活をするうえでの第一歩となります。

婚活を始める前に「結婚相手にどのようなことを求めているか」「どこまで妥協出来るのか」などを明確にしておかないと、自分のなかで迷いが生じてしまい、ダラダラと婚活が長引くことに。

ですから婚活では、「自分のこだわりやアピールポイントは何か」「どんな結婚生活を送りたいのか」「どんな相手と結婚したいのか」などについて掘り下げて考え、自己分析を行なうことが大切です。

なぜ自己分析が必要か

就職活動や転職活動は、自己分析から始まります。やみくもに求職活動を始める前に「自分は何をしたいのか」「自分が何をしたくないのか」という点を明確にしておかないと、面接でも十分に自分の特性をアピールできず、「この人は何がしたいのだろう」「他社でもいいのではないか」と思われてしまうからです。

婚活でも同じことが言えます。
結婚が自分にとってどのような意味を持つか、経済力・生活能力があるかについてはもちろん、価値観、趣味、嗜好などもポイントになってきます。
しっかりと自己分析を行なうと、自分の「ウリ」や「弱点」、妥協点などを把握することができるのです。

自分の「ウリ」を確認する

自分の「ウリ(アピール材料)」が明確になったら、その部分をさらに磨きあげることで、セールスポイントにすることができます。
婚活では、自分が意識していなかった部分がセールスポイントになることがよくあります。

たとえば、以前は女性が結婚相手に望む条件は、高学歴・高収入・高身長の「三高」と言われていたことがありました。しかし現在では、三平・三低・三手などの言葉もでき、結婚相手に望む条件が多様化していると言われています。

三平は、平穏な生活(穏やかで安心出来る人生)、平均的年収(普通であること)、平凡な容姿(並程度の養子)です。
三低は、低姿勢(レディーファースト)、低リスク(安定した職業)、低依存(束縛をしないこと)です。
三手とは、手伝い(家事・育児)、手を取り合う(理解・協力)、手をつなぐ(愛情表見)です。

つまり、「収入は良くても家庭は妻に任せっきり……」という男性より、収入はさほど高くなくても家事や育児に協力的だったり、妻の仕事を理解して支えてくれる人がいいという女性も増えているのです。そのような女性に対しては、買い物も笑顔で快く引き受けてくれるようなところが「ウリ」になるわけです。

ネガティブチェックで「妥協点」を知る

自己分析をするうえでは、就活と同様、ネガティブチェックも重要です。
自分の結婚相手を考える時、「どんな人が好きか」「どんな結婚生活を送りたいか」を基本に考えますが、長い結婚生活ではさまざまなことが起こります。
ですから「どのくらいの苦痛に、どのくらい耐えられるか」という側面からも、自分自身を分析することが必要となります。

どんな結婚生活であっても、何らかのストレスは存在するものです。
そのストレスから生じる苦痛が自分の妥協点を超えていれば、結婚生活そのものが長続きしないでしょうし、そもそも婚活を成功させることは難しくなるでしょう。

情報を収集する

高望みし過ぎる人や、自分自身を理解出来ていない人は、婚活を成功させることはできません。
ですから、ひと通りの自己分析を行なったあとは、結婚相談所のデータなどで情報収集をしましょう。
自分が分不相応に高望みをしていないか、相手が求めている条件とかけ離れていないかをチェックするためです。

たとえば、40歳の男性が25歳前後の女性と結婚したいと考えていても、25歳前後の女性は15歳も年上の男性を、結婚相手としては考えていない場合が多いのです。

結婚相談所では、最初に相手の職業、家族構成、年収や資産、相手が求める条件まで細かくリサーチすることが出来ます。
もし「自分は、高望みをしている」と感じれば、最初から自己分析をやり直すことをおすすめします。

結婚相手を絞り込む

自己分析を行なったら、結婚相手を絞り込んでいきます。

結婚相手は一生一緒に過ごす相手ですから、条件をたくさん設定したくなるのも当然です。

まずは、自分を好きになってほしい人、結婚したいと思う相手を知るために、「結婚したい人に望む条件」を書き出してみましょう。

ただ、条件があまりに多過ぎると、婚活はなかなか成功しません。逆に条件をゆるめれば、婚活が成功する可能性は高くなっていきます。

ですから、条件を書き出したら今度はその条件に優先順位をつけましょう。
「どうしてもこの条件は必要か」「どうしても譲れない条件は何か」を改めて考えるのです。
なお、結婚相手に望む条件を書き出す際は、以下のポイントを中心に考えてみましょう。

・容姿、年齢、家族構成、学歴、身長、収入
・職業、子ども、親との同居、家事・育児の分担
・趣味、性格、価値観

婚活をスタートさせる

自己分析をして結婚相手を絞り込んだら、いよいよ婚活のスタートです。
いいな、と思う人がいたら、自分を好きになってもらわなくてはいけません。
効率よく婚活を進めるためには、まず相手との共通点がないか探して、話をするようにしましょう。同じ大学だったり、同じサッカーチームが好きだったり、同じ趣味を持っていたりすれば、話が弾むものです。
結婚相談所でお見合いをセッティングしてもらった場合であれば、あらかじめ相手のプロフィールが分かるので、共通の話題を探すのに困らないという点で、始めからスムーズに会話ができるでしょう。

結婚相談所の離婚率が低い理由

結婚相談所やお見合いで結婚した場合は、恋愛結婚した場合と比べて、離婚率が圧倒的に少ないというデータがあります。
結婚相談所やお見合いで出会う相手については、「この人と結婚するかもしれない」という前提があるため、「この人と結婚生活を送るのだ」というイメージを抱きながら、冷静に相手を見極め、お付き合いを進めることができるからです。

しかし、恋愛結婚の場合には、感情の盛り上がりが先なので、具体的な結婚生活のイメージが出来ないまま結婚を決めてしまうケースが多く、結果的に「こんなはずじゃなかった」と幻滅してしまうことも多いようです。

結婚相談所のメリット

【1】話が早い
結婚相談所を利用すると、結婚までの話が早いというメリットがあります。
言うまでもなく、結婚相談所には「結婚したい男女」が集まります。
つまり結婚を前提として男女が出会いますので、お互いを気に入れば一気に結婚まで進むことになるのです。
「職場や趣味の場で、結婚相手を見つけたい」と思っていても、なかなか婚活が成功しないのは、そこに「結婚したい男女」ばかりが集まっているわけではないからです。

【2】安心感がある
また、結婚相談所の出会いは安心感があるというメリットもあります。
結婚相談所では、最初に職業や経歴などの書類確認を行って登録します。そのデータを基に、細かくリサーチしてから相手に会うことになるので、身分が保証されている相手に会うことができます。

【3】婚活アドバイザーがいる
「ココカラ。縁結び」には、婚活アドバイザーという強い味方がいます。
相手の見極め方やアプロ―チの仕方、交際の方法まで、経験豊富な婚活アドバイザーがずっとサポートして見守ってくれます。
特に、効率性・生産性を求めるタイプの人には、結婚相談所に相談するメリットは大きいと言えるでしょう。
また、異性との交際経験が少ない人や、内向的な性格の人には、背中を押してくれる心強い存在となってくれます。