<お問い合わせはこちら>

btn_tel

0120-544-361

header-image
石川・金沢の出会い・婚活・結婚はココカラ。

石川県の婚活を成功させる方法(女性編)Part2|ココカラ。縁結びの婚活ノウハウ

ココカラ。縁結びが「石川県の婚活を成功させる方法(女性編)Part2」などの婚活ノウハウをご紹介します。ココカラ。縁結びでは、経験豊富な婚活アドバイザーが石川・福井・富山のお相手探しをサポート。「石川県の婚活を成功させる方法(女性編)Part2」などの婚活ノウハウも多数ご紹介していきます。

石川県の婚活を成功させる方法(女性編)Part2

石川県の婚活を成功させる方法(女性編)Part2

「ココカラ。縁結び」で婚活を始めて、「いいな」と思える方に出会い、双方がOKであれば「仮交際」、結婚を意識したら「真剣交際」が始まります。

交際が始まったら、相手が自分の結婚相手としてふさわしいか、人生を共に歩んでいくパートナーとして考えられるかを、慎重に見極める必要があります。

そして同時に相手の男性にも、「この女性と結婚したい」「この女性と安心できる家庭を作り、人生を共にしたい」と思わせる必要があります。

ここでは「ココカラ。縁結び」の婚活アドバイザーが、石川県の婚活女性に対してアドバイスしている、「男性に『結婚したい』と思わせるためのノウハウ」の一部をご紹介します。

「ありがとう」を惜しまない

デート中には、意識して「ありがとう」とお礼を言うようにしましょう。
ジュースを買ってもらったら「ありがとう」、テーブルでお醤油を取ってもらったら「ありがとう」。そして、デートの帰りには「とても楽しかったです、ありがとう」と、目を見てお礼を言うこと。

これだけで、相手の男性が受ける印象は、大きく変わります。

ココカラ。縁結びの婚活スタイル

相手の褒めるところを見つける

「今日のネクタイ、ステキね」「今のお話、とても感動したわ」など、デート中に1個でいいので、相手を褒めてみましょう。

もちろん、やることなすこと全てを褒めていたら、明らかに「やり過ぎ」で、わざとらしくなってしまいますが、1回だけなら自然です。
会った時に褒めれば、相手の気持ちをほぐすことができます。

なお、褒めるタイミングは帰り際でもOK。
デートが盛り上がることがなくても、帰り際に「もうこんな時間なのね。○○さんといると、楽しくて時間があっという間に過ぎるわ」などの褒め言葉をかけると、その言葉が相手の印象に残りやすいので、「楽しいデートだった」という印象に変えることができます。

それに褒められて嫌がる人間は、少ないもの。
少し照れくさいかもしれませんが、相手のいいところを見つけて褒めるのは、婚活にとても必要なことといえます。実際、男性女性に関わらずモテる人は、褒め上手である場合が多いです。

ココカラ。縁結びの「お客様の声」

聞き上手になる

デート中は、話し上手より、聞き上手になることを心掛けましょう。
そして、ニコニコ明るい笑顔を絶やさないようにしてください。

デートしている時に、「私はこういう人間です」「休日は、趣味のお料理とフラワーアレンジメントをして過ごしています」など自分のことばかり話してしまう人がいますが、そういう方はなかなか婚活がうまくいかないことが多いです。

話が途切れたら、上手に質問して相手の話を聞くようにしましょう。
ただし「お酒は飲みますか」「どれくらいのお酒を毎日飲むんですか」「趣味は何ですか」など、矢継ぎ早に質問し続けるのもNG。

もし間の取り方が難しいなら、相手が言った言葉「僕は、○○だと思うんだ」をそのまま「なるほど、それは○○だと思うのね」「ああ、確かに○○ですよね」とキーワードを繰り返すだけでも効果的です。

相手の目を見て笑顔で話を聞き、時々相槌を打ちながら、時々褒める……。
このタイミングの取り方がうまい人に対しては、話している方も安心して気分よく話すことができます。
そして婚活中の男性は、女性を魅力的だと思ったら、一気に結婚を意識し始めるものです。

石川県の婚活パーティ・セミナー

プライドを傷つけない

男性は、プライドを傷つけられることに、とても弱いです。

身長や年収など、相手が気にしているであろうことには触れないようにしましょう。
もし相手がそのことに触れてきたら「そんなこと何も気にならない。それよりも優しい気持ちを持っている人の方が大切よね」など、彼のプライドを守ってあげるような発言をしましょう。

「私ってハッキリものを言う性格なんです」と自信満々に言う人がいますが、「ハッキリとものが言える毅然とした性格である」ということと、「相手を思いやることができないデリカシーのない人である」ことは、全く違います。
そこをはき違えると、婚活はうまくいかなくなってしまうので、気を付けましょう。

ココカラ。縁結びの「お客様の声」

文句、批評、グチは言わない

デートは、お互いのことを知る大切な時間です。
でも、相手に自分のことを理解してほしいからと言って、仕事や人間関係のグチ、過去の大病の話などをすることは、場にそぐわないこともありますので、最初のうちは避けたほうが無難です。

また、デートで使ったお店を批判するのも絶対にNG。
「あそこの食事、イマイチだったよね」など文句ばかり言う女性に見えてしまいますし、男性がご馳走してくれている場合なら、なおさら男性に失礼です。
その他、政治や宗教の話も要注意。
相手がどのような思想、宗教なのかわからないうちは、否定的な言い方は避けたほうが無難です。

ココカラ。縁結びの「よくある質問」

「売り」をアピールする

婚活とは、自分という商品が魅力的に見えるように、プレゼンするようなもの。

もちろん、世の中完璧な人間などいませんから、売りだけでなく弱みや欠点もあるでしょう。

でも、「料理はあまり得意じゃないけど、一緒にいるとホッとする女性」「そんなに美人ではないけど、料理の腕はバツグンな女性」など、自分の「売り」になるポイントをしっかり認識して、その点を効果的に相手にアピールできれば、たいていの弱みや欠点は打ち消すことができます。

石川県の婚活パーティ・セミナー

やはり「家庭的な女性」は強い

婚活においては、やはり「家庭的な女性」であるということは、大きなアピールポイントになります。
ですから「掃除は大嫌いです」とか「料理は興味がありません」という態度は禁物。

男性は「結婚したら、毎日奥さんの手料理を食べることができるようになる」という幻想を抱いています。そして俗に言う「胃袋をつかまえておけば、男性は捕まえることができる」はホントなのです。

「お料理は今は自信ないけど、練習中です」「今お料理教室に通っていて、レパートリーも増えてきて楽しい」くらいの、前向きな言い方をするようにしてください。

婚活ブログ「たった3か月?お見合いから成婚の期間について」